メルマガ登録





商品カテゴリー
目的別カテゴリー
店長の一言
ご覧いただきありがとうございます。 アトリエ虹色つむぎ〜癒し生活物語〜月と絵画と香りと私〜です。 癒し雑貨たちの力を借り、守られて生活することを知り、 不思議な様々な癒し商品を扱っています。
営業カレンダー
2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
が定休日です。 友だち追加


当店の2020年のカスタムメイドオイル*プレアデス、北斗七星のミスドナの動画です^^




無料イラスト素材【イラストAC】



アトリエ虹色つむぎの星のカスタムメイドオイルを使ったヒーリングや、
昔の人の、星や気を読んだ叡智である占星術や気学を活かした願いを叶えるマジック(おまじない)方法の資料とイラストやヒーリング雑貨

遠くの星は
ずっと昔の
魂のふるさと







虹色つむぎの世界観のイラストや雑貨付のヒーリング・マジック

*清水ゆうかさんより*

「虹色星Activation」は、自分次第で流れるヒーリングの段階が変化します。

しかもとても自然に

ただあるがままの自分を宇宙が肯定してくれて必要なヒーリングが流れるので、
好転反応がほとんどないようです。
 
ただただあるがまま  言葉では言い表せないけれど 魂が知っている 

そんなヒーリングだと個人的に思っています。
 
たくさんのヒーリングメソッドが世の中にはあり、

一人一人の想像で補わなければいけない事も多いのですが、

このヒーリングは嗅覚、聴覚、視覚で認識してから送る 又は 受け取るので

ヒーリング効果もお互いに感じ取りやすいものだと感じています。


 

水瓶座の星意識〜虹色つむぎより


2020年にコロナウィルスが出現して、年末に水瓶座に木星と土星が入り、急速にオンライン化が進みました。

人と距離を取り、「個」になることが増えました。
2024年には冥王星が水瓶座に入ります。公平で平等な時代へ「個」で自立して進まなくてはいけなくなってきました。

みんなが「これ」だから、「これ」を選べば間違いない、というものは無くなってきて揺らいでいます。

自分で考えて

自分で選んでいく

個々の自立が必要になっているため、

一人で立ち、その上で仲間と交流することはとても大事だと感じています。

「個」は、一つには「自由」ですが、「孤独」でもあります。

水瓶座の時期は、太陽がもっとも力を発揮しにくく、土星を主星としているところもあって、クールです。

水瓶座は誰よりも好きなことに熱中したり、情に厚いところもあるのですが、

だからといって情には流されない厳しさや、不正を見過ごせない、真実をごまかせないというところがあります。

一人を特別に、というより、みんな平等に大事、という感覚です。

みんなとのつながりは並列であり、「みんな」と「自分」。

これはある見方では「孤独」を感じる人も多いのではないでしょうか。

現実的にはそうなのですが、実は、目に見えないところではみんなつながっているので「孤独」ではないはずなのです。

現実的な横方向のつながりと同時に、目に見えない存在のご先祖様や、
天、地球、他の星とのつながりである縦方向や斜め方向のつながりも大事です。


今、地球にいる人口は78億7500万人(国際連合人口基金(UNFPA)が2021年4月14日に発表した「世界人口白書2021(The State of World Population 2021)」による)といわれていますが、昔から同じぐらいの数人口がいたかというと違っており、1500年に5億人、1800年には9.8億人、1900年に16.5億人となり、人口はどんどん増え続けてきました。
(参考文献:平成16年版 少子化社会白書より、資料: 1900年まではUnited Nations, "The World at Six Billion", 1950年以降はUnited Nations, "World Population
Prospects 2002 Revision" による。)

その人口増加率が高くなるのが、1900年代に入ってからですが、第二次世界大戦の後もかなり増えています。

1970年以降は少しゆるやかになり、(少子化)ここ最近の災害の多さ、また今回のコロナウィルスの出現にも人口増加率に変化は起きています。
 
もし前世があるとしたら、一人の人が一人の人に転生する、となると、
5億人だったころと現在の78億人には大きな差があります。

前世というと、地球上の人間一人が一人の人に転生すると思いがちですが、人口を見て行くと、一人の人の魂がご縁のある3〜4人にそれぞれ入っていくと考えると自然です。

二人の両親から、子供が3〜4人ぐらい生まれると、二人の遺伝子が倍に増えるように、転生についても同じように増えている、

もしくは、人間以外のものが人間になったり(動物や植物、虫)
また地球外の他の星から転生する

ということもありうることなんじゃないかと思わされます。

初めてなのに、近い感じがする場合は、魂の元が同じ場合もあるかもしれません。

(なんだか懐かしい感じがする場所や空間や絵だったり、夜空に懐かしい感じがする感覚。UFOの存在も考えると、地球と他の星を行き来していても不思議ではありません。

遥昔のエジプトのピラミッド、ナスカの地上絵、など今も残る不思議なものは、地球人だけで作ったものとは思えません。)

宇宙はそのぐらい広く深い。

そんな、昔いたかもしれない、

地球外の場所や魂の祖先とつながることは、
これからの個々の時代に訪れている孤独感(目に見える狭い世界の中で「自分は孤独だ」という意識)から解かれるのではないか、と感じています。

2024年水瓶座に冥王星が入ります。

その数年後、全く新しい時代になるといわれます。

少なからず今回の新型コロナウィルスは物語の序章なのかなと思っています。

これからの時代に向けて、

現実と目に見えないものを両方読んでいかないと、

頭が理解する前に次の課題が来るようなスピードと変化になっていくんじゃないかなと思っています。

目に見えない

不思議にもアクセスする

虹色星Activation